2019年4月28日日曜日

自宅NAS整備 ~OpenVPNでVPN周りのセキュリティを強化~

だいぶ今さらだが、自宅NAS(Synology DS115j)に外出先のノートPCから接続するときにはVPNを使用していたが、PPTP接続で接続していたためセキュリティ上あまりにもマズかった(とういうか会社の人にもセキュリティを考えろと怒られた)ため、OpenVPNへ切り替えた。(というかインフラエンジニアがセキュリティ考えてないってどういうことよ!)

と言っても設定手順はいたってシンプルで以下の3手順でOK。

1.DSM側のVPNの設定
2.ルーター側のポート転送の設定
3.クライアント側のOpenVPNのインストールと設定

前提条件を含め、設定に当たっては以下のサイトを参考にした。
詳細な手順や前提条件についてはこの記事では省略するので下記サイトを参照されたし。

VPN Serverで自宅にVPN接続~DiskStation DS218j

Synology DS218j で VPN を構築する

手順通りにやったものの中かなつながらず躓いたが、「クライアントにサーバーの LAN にアクセスさせる」を有効にさせ、クライアント設定ファイルのredirect-gateway def1のコメントアウトを外して有効にさせたことで解決した。あとは凡ミスで設定ファイル内の「remote YOUR_SERVER_IP」のYOUR_SERVER_IPの文字列をまんま残して「remote YOUR_SERVER_IP [筆者のDS115jのアドレス]と書いていたというあまりにもしょーもないミスだったことが判明した。

ただ幸いにもOpenVPNの接続も無事できたのでルーター、NASともにOpenVPN以外のPPTPとIPsecは用済みにつきポート転送設定の削除とNAS側での無効化(と、ついでにWebDAVのポート設定削除&無効化)により筆者の自宅NASのセキュリティもいくばくかは強化できたのでまあ良しといったところである。

2019年2月2日土曜日

スマートホームへの道

数日前にNature Remo miniを購入した。


一昨年の暮れに買って以来置物と化していたGoogle Home Miniを如何にして活用するかを考えていたところに知人がこれを買っていたので早速筆者も購入した。


早速開封&設置、当初は適当な100均フックの余りで掛けていたがすぐに外れて使い物にならなかったため急遽東急ハンズで剥がせる両面テープを購入し再設置


貼るとこんな感じ。


壁に貼り付けて設置、だいぶいい感じに。
電源供給はUSB電源だが、Nature Remo miniはACアダプタがないため別途用意する必要がある。筆者は余っていたiPhone用の電源アダプタを流用した。


続いてRemoの設定へ。
RemoアプリをインストールしてWi-Fiに接続させて画面の指示に従って設定は完了。

あとはNature Remoにコントロールしたい家電のリモコンを登録するだけでOK。
登録できる家電は基本的に赤外線リモコンで操作する家電ならすべて登録が可能なので早速エアコンとリビングの照明を登録した。

ただ登録を確実に行うためにもあらかじめ登録する家電の電源は切っておくことが望ましい。筆者の場合はエアコンを登録しようとしたときにたまたまエアコンがONになっていたからなのかON/OFFが逆になってしまったり「暖房」の筈が「冷房」で動きだしたりと正しく登録するのに一苦労した。

また、エアコンの登録はメーカー照合で一発で完了するがリビングの照明はボタンごとにRemoに登録させるため若干手間がかかる。

操作したい家電の設定が終わったら早速Google Homeとの連携を行う。
詳細や参考は以下サイト(※)だが、基本は「OK Google、Nature Remoにつないで」とGoogle Homeに向かって言えば設定はできる。
Google Homeの連携を済ませた後の操作だが、筆者の自宅では音声操作一発で出来るのは現状エアコンのみでリビングの照明はなぜか音声操作ができない(ライトの明るさが変わるくらいで完全に電気を消したり点けたりができない)ので、まだ試行錯誤中。できればPhilips HUEが欲しい。

ただNature Remoを入れてからはエアコンや寝る時の消灯もスイッチに触らずとも寝床からスマホの操作だけで簡単に操作ができるようになったほか、Remoのアプリからスケジュール設定を行うことでエアコンのタイマー設定の手間も一気に省けるようになったりと全体的に見れば十分満足である。

一先ずスマートホーム化の道は始まったところだし他にも試せるところは試したいし今まで使うことのなかったGoogle Homeも多少は使うようになったので設備投資としては十分損はない投資になったと思う。あと今度はスマートキーも欲しい。

(※設定に当たり参考にしたサイト)
https://nature.global/jp/smart-speaker/google-home/conversation-actions
Google Homeと直接連携して家電を操作する(Conversation Actions編)
https://smartio.life/smartspeaker/setting/google-home/light/nature-remo/#03
Nature Remoを使ってGoogle Homeで電気を操作する方法

2019年1月7日月曜日

雑感:正直バーコード決済の類は使う気にならない

去年の暮れからポイント還元やらなんやらで一気に話題となったPaypayOrigamiPayなんかのモバイル決済。

だが筆者は全く使う気が起きなかった。
(アプリは入れたけどインストール直後に使う気が失せた)

筆者の場合はこの2つが主立った理由

1.もともとキャッシュレス決済を使ってたので今更使う気が起きなかった


筆者にとっては一番大きな理由。
以前から普段の買い物はクレジットカード払いかQUICPay、PASMOがメインに加え、昨年夏にiPhone8を買ってからはApplePayを頻繁に使っていたため、すでにキャッシュレス払いが当たり前の生活だったこと。今更になってバーコード決済を使う理由がなかったのが大きな理由。というか単に支払い手段の違いだし。

2.JCBが使えないこと


筆者が使う気が一気になくなったポイントも実はここ。
メインバンクの関係で使ってたクレジットカードのブランドがJCBだったが、Paypayで登録できなかったため確認したら使えるクレジットカードはVISAかMastercardのみでJCBはYahooカードを除いて使えないことが判明したので使うのを断念した。JCBブランドのカードしか持ってないというユーザーはめったにいないと思われるがJCBユーザーはバーコード決済ではほぼ門前払いにされるのが現状といったところ。

他にもポイント還元セールといった消費宣伝の煽りで余計な買い物をしてしまい結果として余計な支出が増えたり今すぐに買わなくていいものを買って結果無駄遣いが増えたりといったリスクもあるので結局のところバーコード決済は使わずじまいなのが現状といったところだしこの先も筆者はたぶん使う気が起きないといった事をうっすらと確信した。

2019年1月4日金曜日

今更だけど:2018年買ってよかったもの

3が日も過ぎましたが2019年、明けましておめでとうございます。

新年早々インフルエンザでブッ倒れてました。

実家に帰ってからというもの大晦日から発熱と寒気と関節痛で正月3が日を寝床の中でひたすらYouTubeを見て過ごすだけという割と散々な新年の迎え方でした。
幸い今は回復に向かいつつありますが。

というわけで本題、

振り返り去年買ってよかったもの

買ってよかったものその1:iPhone8


iPhone6sの電池の持ちが悪くなったこともあって買ったiPhone8だがこれは大正解。
筆者が特に気に入ったのはApple Pay。これが恐ろしいほどに便利で買い物の時も財布を出すという工数も一気に省けました。あとApple Payに合わせて会員カード系もアプリ機能に移せるものは全部移した結果財布も心なしかスリムになりました。

買ってよかったものその2:モニタ(MSI Optix MAG24C)


これはその前に使ってたASUSのモニタの画面映りが少し気になっていたところのタイミングで気に入って買ったもの。TNパネルからVAパネルに切り替わってから視野角も広くなり画面のムラもあまり気にならなくなった。あとベゼルがなくなったのでモニタもあまり場所を取らなくなり全体的にすっきりした配置になったのが筆者の一番気に入ったポイントです。

以上2つが筆者が去年買ってよかったものセレクトです。

というわけで改めて本年も宜しくお願い致します。

2018年12月24日月曜日

キーボードのキーぜんぶ抜く

3連休ということで自室の大掃除をした。

すでに自室の大掃除はほぼ完了しPCのクリーニングもした。

で、

タイトルの通りだが、買って以来1度も掃除をしてなかった(厳密に言えばエアダスターで埃を吐かせるくらいしかしてなかった)FILCOのキーボードの掃除を昨日初めてした。

掃除開始、事前にキーボードの写真を控える。(控えないと神経衰弱状態になり更に元に戻すのに時間がかかる)

キーボードのキーぜんぶ抜く!

抜き終わり、汚ねぇ。
エアダスターで目立つ埃や汚れを吹き飛ばしてウェットティッシュで残った汚れを拭きとる。
 抜いたキーは洗剤入りぬるま湯にさらして漬け置き洗い。のち、繰り返しぬるま湯ですすぎ洗い。のち、タオルの上に移して乾かしつつ残った汚れを拭きとる。

キーが乾いたところで再度はめ込み直し。バックスペースキーと横カーソルキーが同じ刻印だったために混乱しかけた。

完了。キーボードの掃除で約2時間。(やはりキーを戻すのに時間がかかった)

キーボードの大掃除をしてから心なしかキーの打ち心地が軽い感じの気分がしました。
半年にいっぺんはキーボードの大掃除はやった方がいいかもしれないですね。

そんなこんなで大掃除も一通り完了です

2018年12月9日日曜日

ファイルサーバーの交換とその転送ツール

仕事の話ではあるが、先月の暮れに客先でサーバーの交換対応をした。
と言ってもWindows Server2008→Windows Server2016への交換でADとファイルサーバーの2台冗長構成という比較的簡素な作りだが。
その際にファイルサーバーの交換で検討したツールを備忘録がてら比較する。

Windows Server移行ツール
実際の作業でもこれで対応した。ファイルサーバーの移行であればADの移動プロファイルや共有ファイルのアクセス権限も含めてそのまま転送できるし転送元での転送操作、転送先での受信操作を行う上でファイル転送をするので確実性という点でも盤石な選択肢だ。
ただ、ファイル移行時にデータの暗号化と復号化という段を踏むのでマシンスペックやネットワークの速度にも左右されるが非常に時間がかかるというのが難点。(特にADのプロファイル移行で時間を取られる。事前検証でも2アカウント、数MB程度のデータでも20分近くかかった)。
また、ファイルの差分移行についてもファイルやフォルダの新規作成、名前の変更といった差分移行はできるもののファイル内部の編集といったファイル内の差分は移行できないという短所もある。
本番での環境は移行元サーバーのスペックが2コアPentiumの1.8GHz、メモリも4GB程度のエントリーモデル、加えてネットワーク環境が100BASE-Tの貧弱なルーターで150GBデータ容量を転送するというものでデータ移行だけで36時間もかかるという有様だった。 (といっても作業そのものは3連休での実施だったこと、事前にPowerShellのバッチファイルを作ってそれを仕込んでおいたので常時端末前で張り付くという必要もなかったが。ただ、1日目の夕方にバッチ実行を開始しすべての移行が完了したのが3日目の朝だった)

②robocopyでの移行
コマンドプロンプト上で完結すること、2つのサーバーを同時に操作せずとも以降先サーバー、移行元サーバーのどちらか一方の操作だけで済むこと、あとファイルの差分移行やアクセス権限の指定もコマンド上で指定して実行できるので自由度という点ではサーバー移行ツールよりはかなり高い。ただ、コマンド実行時に「移行元のサーバー」と「移行先のサーバー」の書く順序を間違えた場合はrobocopyが「逆走」して大惨事になるので注意が必要だ。

ファイルサーバー移行ツール(FSMT)
割と古めだが結構枯れたツールではある。GUI操作で移行するフォルダを指定できる点も合わせて手っ取り早くデータ移行をするだけならこれで十分。 ただ、移行先のフォルダで新たに「<移行元サーバー名フォルダ>-<フォルダ>」といった形で新たに移行元サーバー名のフォルダ階層が作られてしまうことやそのフォルダから移行したフォルダを移行元と同様にドライブ直下などに異動させた場合はファイル共有のアクセス権限が外れるので今回のように共有フォルダや移動プロファイルを含むフォルダの移動の際はこのツールは使えない。ただ、手っ取り早く単にデータを新しいサーバーに引っ張るだけ、ならFSMTで事は足りるか。

 総括するとすれば、Windows Server移行ツールて押し通すのではなくrobocopyの検証と手順をもう少し詰める、もしくはファイルコピーとアクセス権限のつけ直しなどをもう少し応用しておくなどもう少し上手くやれる道はあったかもしれない。 一先ずファイルサーバーの移行自体は無事できたので結果的には良し、といったところか。

2018年8月7日火曜日

iPhone 8デビュー& Age

暑い日が続いてますね、いかがお過ごしでしょうか

まもなく新居に引っ越してはや2ヶ月、生活もなじみつつあります。

唐突ですが

先月の暮れ、およそ2年半ほど使っていたiPhone 6sからiPhone 8に買い換えました。

経緯とか

まあ単純に6sのバッテリーの持ちが悪くなったこととApple Payを使いたかったというのが主だった理由です。
筆者は毎日ポケモンGOをやりこんでたからか省電力モードでプレーしててもここ最近はどうもバッテリがヘタリ気味で自宅を出る時にフル充電でもそこからやく1時間ポケモンGOを起動してただけでも75%を切るようになりさらに夏の炎天下ではバッテリの消耗がマッハで進むためにコミュニティ・デイなんかのようなリアルイベントではモバイルバッテリーを2本使ってギリギリ持ちこたえているというのが現状でした。で、もういい加減何とかしようと思い早速Appleストアに駆け込んだ、というわけです。

2週間ほど使ってみた時点での感想

Apple Payが兎に角便利で感銘を受けた。
今までの買い物のレジでの工数が
レジ行く→会計→財布出す→カード出す→カード通す or QUICPayタッチかざす→商品受け取る→財布にカードしまう→財布しまう→終わり

だったのが

レジ行く→会計→iPhoneでWalletアプリ起動→Touch IDでそのままタッチ決済かざす→商品受け取る→終わり

と、一気に財布とカードの出し入れという工数が一気になくなったのがとにかく半端ない。
本当に会社なんかの近くのコンビニとかで買い物をする場合だとiPhoneだけで事が足りてしまうといっても過言ではない。Apple Payは筆者が最も気に入ったポイントです。

あとバッテリ回りも大幅に改善されました。
元のバッテリ容量も6sよりもいいからかポケモンGOをぶっ通しでやっても6sでは1時間で50%まで落ちてヘタっていたのが4時間以上経過しても持ちこたえるレベルになりバッテリ容量を気にしながらプレーするという必要もなくなりました。(流石に6時間続いた先週のフリーザーデイ&コミュニティデイの後半戦はモバイルバッテリを投入しましたが)

引っかかった点

筆者は格安SIMユーザー(Y!Mobile)なので当然ですが初期設定は基本自力です。あとプロファイルの設定もAPNプロファイルの設定を先に入れる必要があります。(これ自体は「APN」でググれば情報は多数ヒットするので使ってるSIMの会社から入れましょう)
後事前にicloudへのバックアップとローカルPCでのフルバックアップもあらかじめ済ませておくことです。(このバックアップを新iPhoneへとリストアする形になる)この2つは忘れるとシャレになりません。

といった具合でiPhone8に乗り換えて一気にQOLが上がった話です。

で、

さてとうとう誕生日、28歳になりました。
歳をとるって恐ろしく早いものですね。
ほしいものリストもついでに乗せますが誕生日プレゼントとかあったりすると思わず喜んじゃいます